海外旅行でトートバッグって危ないの?

広告 旅行

海外旅行でトートバッグって危ないの?

2023年9月13日

せっかくの海外旅行、普段から使っているトートバッグを持っていきたいと思うかもしれません。または、高級ブランドバッグを使う、いい機会かもしれません。しかし一般的に、海外旅行でのトートバッグは、盗難やその他の犯罪に巻き込まれる可能性が高いので、危ないと言われています。この記事では、トートバッグが危ないとされる理由、その他のバッグの危険性、防犯に対する基本的な考え方について解説しています。

ポイント

  • トートバッグが危ない理由
  • ブランドバッグ、ショルダーバッグ、リュックが危ない理由
  • 防犯ボディバッグの利点
  • 海外旅行での基本的な防犯対策

海外旅行にトートバッグは危ないって本当?

トートバッグからのスリ

トートバッグは、たくさん物が入るし、出し入れもしやすいので便利なカバンです。

しかし海外旅行においては、特に危険と言われています。その理由をみてみましょう。

海外旅行でトートバッグが危ない理由

海外旅行に限った話ではありませんが、トートバッグが危険だと言われるのは、盗難にあう可能性が高いからです。

スリ

トートバッグは、開口部が広くて、中身が外から見え、取り出しやすいです。また一般的に、ファスナーやロックがついていないことが多いです。

また肩にかけていると、背中側がどうなっているか、自分では気がつかないことがあります。

そのため、スリの被害にあう確率が高まります。

ひったくり

では、ファスナーを閉めていればいいのかというと、そんなことはなく、カバンごと持っていかれてしまうのです。

トートバッグは、片方の肩にかけているだけなので、簡単に持っていかれてしまいます。突然引っ張られると抵抗できません。

これが、両肩にかけているリュックであったり、斜めがけしているショルダーバッグだったりすると、そう簡単には持っていかれません。

トートバッグはひったくりのターゲットになりやすいのです。

ブランドバッグ

これが、高級ブランドのトートバッグとなると、さらに危険性が高まります。特に、あからさまな観光客が、高級ブランドのトートバッグを持っていたならば、狙ってくれと言っているようなものです。

むしろ、エコバッグ・ショッピングバッグのような、チープなものだと、地元の人に紛れて、狙われにくいかもしれません。また、カバンごと盗まれたとしても、ダメージが少ないです。もちろん、貴重品は別にしておく必要があります。

海外旅行にブランドバッグはやっぱり危ない?

海外旅行に高級ブランド品は身に着けない方がいいとはよく言われることです。

それには、単純な盗難以上のリスクがあるためです。

窃盗のターゲットとなる

やはり高級ブランドのバッグを持っていると、スリやひったくり、置き引きなどのターゲットにされやすいです。

しかしそれは、高価なカバンをを持っているからというより、あからさまに不注意な旅行者であるということが分かるので、狙われやすいという理由の方が大きいです。

詐欺のターゲットとなる

高価なカバンを持っていると、窃盗ではなく、詐欺のターゲットとなることがあります。

ふっかけられる

お金を持っているとみなされると、詐欺とまでは言いませんが、定価以上の料金や、高額なチップを請求されることがあります。

ストレスになる

あなたが日常的にブランドバッグを使っているならば、むしろ自然に振る舞えるので、そちらの方がいいかもしれません。

しかし旅行だからといって張り切って、身の丈に合わないカバンを身に着けているのであれば、カバンの心配をするあまり、ストレスになって旅行を楽しめなくなる可能性があります。

盗まれて当然、なくなっても平気くらいの方が、気持ちが楽になります。

税関で面倒

海外ブランドの高級品を持ち出す場合、税関で手続きが必要になることがあります。

これは、海外で購入して日本に持ち込む製品と区別ができずに、課税されることを防ぐためです。

面倒ならば、最初から持っていかないほうがいいでしょう。

盗難保険に対応していない

盗難保険には限度額が定められており、高級ブランドバッグの補償としては不十分なことがあります。

周りから浮く

場所にもよりますが、高級品を身につけるのが、文化的に不適切なところもあります。

そういうところでブランドバッグを持っていると、地元の人から不快に思われるかもしれません。

海外旅行でカバンを斜めがけした日本人は狙われる?

トートバッグは、スリやひったくりのターゲットにされやすいです。

それを防ぐためには、ショルダーバッグを斜めがけするとよいと聞いたことがあるかもしれません。しかしそれは、逆効果にもなりかねません。

ショルダーバッグの斜めがけは目立つ

盗難を防ぐためには、ショルダーバッグを斜めがけして、体の前でしっかり持って、周囲を警戒して……

とするのは、「ここに貴重品がありますよ!」と宣伝しているようなものです。

一般的に、ショルダーバッグは小型のバッグです。そこに入っている貴重品と言えば、財布、現金、カード、パスポート、スマホ等でしょう。実際に入っているかどうかはともかく、外からはそう見えるのです。

そうすると、やはりスリやひったくりのターゲットとなります。

スリは気づかれないように盗むという認識は捨てましょう。想像以上にアグレッシブです。複数人で取り囲み、強引に抜き取ると、一斉に逃げ出すのです。

斜めがけでも強引に奪われる

カバンを斜めがけすれば、片方の肩にかけるのに比べれば、奪われにくくなります。しかしそれは、相手を暴力的にするだけかもしれません。

もし、複数の男に囲まれて、強引にカバンを引っ張られたらどうでしょうか。それに対して、取られまいと目いっぱい抵抗したとしたら。

相手は暴力を振るってくるかもしれませんし、武器を取り出すかもしれません。

狙われてしまったら、下手に抵抗するよりも、渡してしまった方がよいのです。そのためには、ダミーを用意したり、盗られててもいいものしか持ち歩かない等の対応が必要です。

海外旅行はリュックも危ない?

リュックとは、背中に担ぐバッグの総称です。「リュックサック(ドイツ)」「バックパック(アメリカ)」「ナップサック(イギリス)」など、いろいろな呼び方がありますが、同じものです。

リュックは、重くて大量の荷物を運べるし、両手が自由になるので、旅行にはとても便利なカバンです。

しかしながら、背中側にあると、後ろの様子を見ることができないので、スリに狙われる可能性があります。よくある手口は、前から話しかけられて、対応していると、いつの間にか抜かれていたというものです。カバンをナイフで切られて、抜き取られることもあります。

また、重いので、カウンターでの支払いの際などに、ふと地面に置くこともあると思います。その瞬間に持ち去られることがあります。

海外旅行でトートバッグ以外も危ないのなら、どうしたらいいの?

強盗

トートバッグだけでなく、ショルダーバッグもリュックも危ないとなると、結局どうすればいいのでしょうか。

ここでは、おすすめの防犯バッグと、基本的な防犯対応についてご紹介します。

海外旅行におすすめの防犯ボディバッグとは

通常ボディバッグというと、肩に斜めがけするか、ウェストに巻くタイプの、小型で、体に密着するようなカバンを指します。

これが、旅行用の防犯バッグ・セキュリティバッグという場合は、同じく肩にかけるタイプと腰に巻くタイプがありますが、その上から服を着ることによって見えなくする前提となっていることが多いです。

製品によりますが、以下のような機能がついています。

  • ファスナーロック:多重ロック機能により、簡単にファスナーを開くことができない
  • 防刃:生地にワイヤーを内蔵しており、ナイフで切ることができない
  • 防水:パスポートなどの貴重品を水濡れから守る
  • スキミング防止:電波を遮断し、外から読み取られないようにする
  • シークレットポケット:隠しポケットにより、咄嗟にはわからなくする
  • ワイヤーロック:テーブルの足などにくくりつけてロックすることで、盗まれないようにする
  • マジックテープ:バリバリ音がすることで、開けられたことに気がつく

このようなボディバッグに貴重品を分散して持っておくことで、盗難にあったときでも、本命だけは守ることができるようになります。

一般的な防犯対応

盗難も含めて、海外旅行の際に一般的に気をつけることについてご紹介します。

貴重品・ブランド品を身に着けない

高価な時計、アクセサリー、ブランドバッグなどは持ち歩かないのが基本になります。

せっかくの旅行なのでおしゃれしたいという気持ちは分かりますが、周りの人からすれば、あなたはただの旅行者にしか見えません。誰もあなたのファッションなんて気にしていません。

盗難以外にも、汚れたり、壊れたりしてしまうこともあるでしょう。最悪、なくなっても平気なものくらいにしておきましょう。

危険なエリアには近づかない

危険と言われている地域には近づかないのは当然です。夜間の外出もしないようにしましょう。

観光地や市場などの人混みは、スリの危険も高まります。

飲食物に注意する

知らない人からもらった飲食物には、何かを盛られていることがあります。

自分で注文したもの、自分で用意したもの以外は、口にしないようにしましょう。

見た目で判断しない

子供や女性だからといって安心してはいけません。窃盗グループの一員であることはよくあります。

また、親しく話しかけてくる人には要注意です。あなたの注意を逸しているうちに、抜き取られれます。

スマホを取り出さない

外で不用意にスマホを取り出さないようにしましょう。

注意力も散漫になり、ひったくられる可能性が高いです。

抵抗しない

強盗にあったら、抵抗せずに、大人しく差し出すようにしましょう。

下手に抵抗をすると、命の危険があります。プライドや、わずかなお金よりも、命の方がはるかに大切です。

ダミーを用意する

現金、スマホ、カバンなどは複数用意して、襲われたらダミーの方を渡すようにしましょう。

本命は防犯バッグなどに隠しておきます。

分散させる

ダミーと似ていますが、自分だけでなく、一緒に行った人とも分散して持つことで、ダメージを減らすことができます。

見えないようにする

セキュリティポーチを服の下に身につけるなど、外からは見えないようにします。

デジタルにする

現金ではなく、クレジットカードやスマホを活用することで、後からキャンセルできたり、遠隔ロックをかけたりすることができます。

保険に加入する

海外旅行には様々なリスクが伴います。

盗難(携行品損害)もありますが、医療費や賠償責任など、いつ発生するか分かりませんので、必ず保険には入るようにしましょう。

また、緊急時に連絡ができる付帯サービスがついていることもよくあります。

補償内容やサービス内容をよく確認しておきましょう。

GPSをつける

スマホであれば、GPSによる追跡や、遠隔ロックができるようになっています。事前に機能を確認しておきましょう。

またスマホ以外で盗まれると困るものには、GPSタグをつけておくことで、追跡できるようになります。

コピーを用意しておく

パスポートや航空券などの貴重品はコピーを用意しておきましょう。紙とデジタルの両方があると安心です。

コピーを用意しておくのには、2つの意味があります。

まず、原本を見せる必要がなく、コピーで済む場合は、セキュリティ上のリスクを抑えることができます。

また、原本を盗まれてしまった場合でも、コピーがあると、その後の警察や大使館、航空会社等での対応がスムーズにいきます。

まとめ 海外旅行でトートバッグは危ないの?

記事の内容をまとめます。

  • トートバッグは、スリやひったくりのターゲットとなりやすいので危険
  • ブランドバッグは、盗難以外にも、詐欺に狙われたり、手続きが面倒だったりするので、避けたほうが無難
  • ショルダーバッグの斜めがけは、目立つ上、狙われたら終わり
  • リュックは、後ろの確認ができないので危険
  • どのバッグだとしても危険はあるので、盗難にあう前提で対策を考える
  • 盗難にあったら抵抗せずに差し出したほうがよい。ダミーを用意して分散させておく
  • 防犯ボディバッグは、貴重品を分散して隠すのに役立つ

おすすめ記事

高評価なのにひどい?お台場のレゴランドって実際どうなの? 1

レゴランドと言えば名古屋が有名ですが、東京のお台場にもレゴランドはあります。特にレゴブロックが大好きな子どもたちにとっては、間違いなく楽しめる施設となっています。一方、極一部で「ひどい」という意見もあ ...

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何? 2

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点 ...

VPNって何がバレるの?匿名性は? 3

「VPN」は接続元の「IPアドレス」を隠すことができますが、VPNを使用していることはバレてしまいます。またインターネット上の匿名性はIPアドレスによるものだけではありません。さらに「VPNサービスプ ...

韓国でおすすめのタクシーアプリ3選と、関連アプリ8選 4

韓国旅行を楽しみたいのであればタクシーを利用することがおすすめです。しかし言葉の問題や、ぼったくりの被害など、少しハードルが高い面もあるかと思います。そんな時に便利なのがタクシー配車アプリです。この記 ...

誕生石29種の、値段や希少石が高い順ランキング 5

誕生石というと、一つの月に一つの宝石をイメージされるかもしれませんが、実際には29種の誕生石があり、一つの月に複数の宝石が割り当てられています。また、国によっても微妙に異なります。この記事では、そもそ ...

-旅行
-,