ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何?

広告 旅行

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何?

2023年11月1日

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点、さらにはそれぞれの特徴と違いについて、詳しく解説いたします。

ポイント

  • ルミナス神戸2とコンチェルトの特徴
  • ルミナス神戸2とコンチェルトの違い
  • 予約方法と注意点
  • 代表的なプラント楽しみ方

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いと予約方法

神戸を代表するレストランクルーズ船として、「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」があります。その概要と、予約方法、注意点について解説いたします。

コンチェルトのクリスマスクルーズ
画像引用:https://thekobecruise.com/

ルミナス神戸2・コンチェルトの概要

「ルミナス神戸2」「コンチェルト」とは、神戸港を中心に運航している、レストラン船のことです。豪華なクルーズ船の上で、ランチやディナー、イベントを楽しむことができます。

元々は別々の会社が運営していましたが、コロナ禍の紆余曲折を経て、現在は同じグループ会社となっています。

ルミナス神戸2とは

「ルミナス神戸2」は、日本最大級のレストラン船です。

全長106メートルの船体に、6つのレストランスペースがあり、最大1,000名まで収容できます。

1994年から就航しています。

元々は、ルミナスクルーズ株式会社が運用していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により経営が悪化したため、2020年に、有限会社ファースト・パシフィック・キャピタルに譲渡しました。

有限会社ファースト・パシフィック・キャピタルは、「コンチェルト」を運用している株式会社神戸クルーザーの筆頭株主です。

ノルマンディ号がモデル

「ルミナス神戸2」は、1930年代にフランスで建造された「ノルマンディ号(SS Normandie)」がモデルとなっています。

ノルマンディ号は、当時最大かつ最速の大型客船で、その美しさ、豪華さ、最先端の技術性から、世界中から注目されていました。

ノルマンディ号は、フランスのサン=ナゼールで建造され、1932年に進水し、1935年から営業運行を開始しました。

第二次世界大戦が勃発すると、アメリカ軍に接収されます。

1942年、軍用船への改修作業中に火災が発生し、転覆してしまします。

その後引き上げられましたが、再度運航されることはなく、1946年には解体されました。

ノルマンディ号(白黒をカラーにしたもの)
SS_Normandie_at_sea_view.JPG: *SS_Normandie_at_sea.jpg: Vick the Viking derivative work: Altair78 (talk) derivative work: Altair78 (talk) - SS_Normandie_at_sea_view.JPG, CC 表示 2.0, リンクによる

ルミナスってどういう意味?

「ルミナス(Luminous)」とは、英語で、輝く・明るいといった意味です。

その名の通り、アール・デコ調で統一された、優雅で華やかな雰囲気の内装となっています。

ルミナス神戸1はあるの?

「ルミナス神戸2」があるなら、当然「ルミナス神戸1」があると考えるかもしれません。

「1」はついていませんでしたが、初代「ルミナス神戸」はありました。

元々は「ひかり」という名前の貨客船で、1972年に就航しました。

1987年に、レストラン船「ルミナス神戸」へと変わりました。「ひかり」という名前の英語訳から来ていると思われます。

1994年に、「ルミナス神戸2」が就航すると、引退して、フィリピンへ売却されました。

その後、2003年には解体されたとのことです。

コンチェルトとは

「コンチェルト」は、ルミナス神戸2と同じく、神戸港で運航されているレストラン船です。

全長74メートルの船体に、9つのレストランスペースがあり、最大604名まで収容できます。

1993年、遊覧船「シルフィード」として就航しました。

1995年の阪神大震災の影響で、客足が遠のいたため、運行休止となりました。

1997年に、レストラン船「コンチェルト」として再開されました。

元々は、株式会社神戸クルーザーが運用していましたが、2020年に、株式会社Sevenseas cruiserに移管されました。

コンチェルトってどういう意味?

「コンチェルト(Concerto)」とは、イタリア語で「協奏曲」を意味します。

主に、管弦楽器(オーケストラ)と独奏楽器(ソロ)の編成で、三楽章構成の物を指します。代表曲として、ヴィヴァルディの『四季』や、ベートーヴェンの『皇帝』などがあります。

レストラン船「コンチェルト」でも、音楽が重視され、生演奏も行われています。

ルミナス神戸2とコンチェルトの予約方法

神戸クルーズの公式サイト から予約することができます。

「ご予約コース」「ご利用便」「ご利用人数」を選択すると、予約可能日が表示されます。選択しないと、何も表示されず、予約できないのでご注意ください。

神戸クルーズの予約画面

また、上記は基本的に、コンチェルトの予約画面となっています。

ルミナス神戸2に乗りたい場合は、イベントクルーズのページから入り、ルミナス神戸2の予約ボタンを選びましょう。

ルミナス神戸2の予約ボタン

ルミナス神戸2・コンチェルトの楽しみ方

レストラン船は、普通のレストランにはない魅力があります。何かの記念日など、特別なデートには最適です。

船内の雰囲気

普通のレストランのように、ずっと席に座っているのではなく、船内やデッキを散策することができます。

船内の豪華な内装と、神戸の美しい景色の両方を楽しむことができます。

瀬戸内海の開放的な雰囲気

昼間のクルーズであれば、海風を感じながら、穏やかな瀬戸内海と、明石海峡大橋、神戸の町並みのコントラストを楽しむことができます。

神戸の夜景

ディナーであれば、神戸港の夜景を、外側から楽しむことができます。

普段はあまり目にすることがない光景なので、きっと心に残る思い出となるでしょう。

生演奏

各レストランホールやデッキでは、ジャズやクラシックの生演奏が行われています。

波と音楽と美味しい食事のハーモニーは、クルーズ船ならではの楽しみです。

注意点

注意点として、1回の乗船時間は1時間30分~2時間ということです。

普通のレストランの感覚で食事をしていると、船内を回る時間がなくなってしまいます。

食事は軽めにしておいた方が、より楽しめるかもしれません。

乗船のみすることはできる?

「ルミナス神戸2」「コンチェルト」はレストラン船なので、基本的には食事がセットになっています。

しかし、イベント内容によっては、食事なしプランが販売されていることもあります。

また、Web予約では食事が必須となっていますが、当日に空きがあれば、チケットカウンターで乗船のみプランを購入できる場合もあります。

確実ではないので、電話で確認するか、または他のクルーズ船を利用することをおすすめします。

どんな服装で行けばいい?

豪華なクルーズ船となれば、服装にも気を使わなければいけないと思うかもしれません。

実際には、「ルミナス神戸2」「コンチェルト」共に、ドレスコードはありません。公式サイトのFAQ でも、明言されています。

服装に決まりはございません。

特に指定はございません。カジュアルな服装でお越しになられる方が多いです。

神戸クルーズ公式サイトより

口コミを見ても、カジュアルな服装の方が多かったという意見が大半です。ですから、服装を気にする必要はないでしょう。

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いを徹底比較

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いについて、船の大きさ、ルート、プラン、料金に分けてご説明します。

明石海峡大橋

船体の違い

「コンチェルト」と「ルミナス神戸2」の船を比較してみましょう。

ルミナス神戸2の方が大きいのに、ホール数は少なくなっています。そのため、ルミナス神戸2の方が広々とした印象があります。

項目コンチェルトルミナス神戸2
就航1993年1994年
全長74メートル106メートル
総トン数2,138トン4,778トン
レストラン・ホール数96
最大収容人数605名1,000名

ルートの違い

航路は、プラン・イベントによって異なります。ここでは、代表的な航路をご紹介します。

コンチェルト:ティークルーズ

1時間30分のティークルーズは、少し短めのルートとなっています。

画像の①のルートです。

コンチェルト:ランチ・トワイライトクルーズ

ランチクルーズと、夕焼けを楽しむトワイライトクルーズは、もう少し先まで行きます。

上記画像の、②のルートです。

コンチェルト:ナイトクルーズ

ナイトクルーズでは、神戸空港や神戸港近辺の、美しい景色を楽しめます。

画像の③のルートです。

コンチェルト航路2
画像引用:https://cruise-kobe.com/

ルミナス神戸2

ルミナス神戸2では、プランによっては、明石海峡大橋の先まで向かうコースもあります。画像の④のルートです。

イベントによりルートは異なりますのでご注意ください。

ルミナス神戸2航路
画像引用:https://cruise-kobe.com/

プランの違い

基本的に「コンチェルト」は通常プラン、「ルミナス神戸2」はイベントプランを中心に運航されています。

下記に、終了したイベントも含めて、代表的なプランをご紹介します。これ以外にも、特別プランや貸切等、様々なオプションが用意されています。

オプション等を希望する場合は、Web予約では対応していないので、電話にて相談する必要があります。

コンチェルト

プラン名時間
ランチクルーズ12:00~14:00
ティークルーズ14:30~16:00
トワイライトクルーズ16:30~18:15
ナイトクルーズ19:15~21:00
Xmasクルーズ16:30~18:30
19:15~21:15
花火クルーズ17:00~19:00

ルミナス神戸2

プラン名時間
明石海峡大橋ランチクルーズ11:30~14:00
花火クルーズ17:00~18:40
モンスタービアホール17:00~18:30
19:15~20:45
光と海のビアガーデン17:00~21:30

料金の違い

「コンチェルト」と「ルミナス神戸2」の料金は、プラン、人数、料理のコース、オプション等によって変わってきますので、単純な比較はできません。

ただし基本的には、コンチェルトがコース料理なのに対し、ルミナス神戸2はビュッフェ(食べ放題)となっています。そのため、ルミナス神戸2の方が、安くなることが多いです。

例えば、ランチクルーズで比較してみましょう。料理の内容次第ということが分かります。

プラン名料理コース料金
コンチェルト
ランチクルーズ
フレンチ
サンシャイン
大人:8,700円
小人:7,100円
コンチェルト
ランチクルーズ
鉄板焼き
碧海(あおみ)
大人:14,700円
小人:13,000円
ルミナス神戸2
明石海峡大橋ランチクルーズ
ビュッフェ大人:8,800円
小人:3,800円

まとめ ルミナス神戸2とコンチェルトの違いとは?

記事の内容を表にまとめます。

コンチェルトルミナス神戸2
全長74m106m
明石海峡大橋をくぐる?くぐらないコースによってはくぐる
プラン通常プランが多いイベントプランが多い
料理コースビュッフェ
生演奏ありなし
雰囲気フォーマルカジュアル
ドレスコードなしなし

おすすめ記事

高評価なのにひどい?お台場のレゴランドって実際どうなの? 1

レゴランドと言えば名古屋が有名ですが、東京のお台場にもレゴランドはあります。特にレゴブロックが大好きな子どもたちにとっては、間違いなく楽しめる施設となっています。一方、極一部で「ひどい」という意見もあ ...

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何? 2

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点 ...

VPNって何がバレるの?匿名性は? 3

「VPN」は接続元の「IPアドレス」を隠すことができますが、VPNを使用していることはバレてしまいます。またインターネット上の匿名性はIPアドレスによるものだけではありません。さらに「VPNサービスプ ...

韓国でおすすめのタクシーアプリ3選と、関連アプリ8選 4

韓国旅行を楽しみたいのであればタクシーを利用することがおすすめです。しかし言葉の問題や、ぼったくりの被害など、少しハードルが高い面もあるかと思います。そんな時に便利なのがタクシー配車アプリです。この記 ...

誕生石29種の、値段や希少石が高い順ランキング 5

誕生石というと、一つの月に一つの宝石をイメージされるかもしれませんが、実際には29種の誕生石があり、一つの月に複数の宝石が割り当てられています。また、国によっても微妙に異なります。この記事では、そもそ ...

-旅行
-, , ,