旅行中の邪魔な荷物、どうするのが正解?

広告 旅行

旅行中の邪魔な荷物、どうするのが正解?

2023年9月17日

旅行中に悩ましいのが、荷物をどうするのがいいかという問題です。ホテル等に預けることができればいいのですが、時間が合わないこともあります。この記事では、旅行中に荷物を預けることができる場所や、注意点、また荷物を減らすためのコツについて解説しています。

ポイント

  • チェックイン前・チェックイン後にホテルに荷物を預けることができるか
  • ホテル以外に荷物を預けることができる場所一覧
  • スーツケースを持ったまま観光することについて
  • 荷物を減らすためのコツ

旅行中の荷物はどうする?

旅行は、できれば手ぶらで楽しみたいものです。荷物を預けることができる場所、注意点について解説します。

重いスーツケースを引っ張る女性

チェックイン前に荷物を預けることはできる?

チェックイン時間はホテルによって異なりますが、15:00であることが多いです。もしその前にホテルに到着してしまった場合、チェックインすることはできませんが、荷物は預かってもらえる可能性があります。

ただし、以下の点には注意が必要です。

  • 全てのホテルで預かりサービスを提供しているわけではない
  • 当日なら預かれるが、前日は断られる可能性が高い
  • 有料の場合がある
  • 大きさや個数に制限があることがある
  • 貴重品は断られる場合がある

ホテルによって対応が異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

貴重品については、ホテルといえども安全ではないので、最初から預けるべきではありません。ホテル側から、貴重品は預かれませんと断られたり、紛失しても責任は持てませんと、念を押されたりすることがあります。またナマモノや割れ物については、細かく注意はされないかもしれませんが、常識の範囲で、自己責任として対応するようにしましょう。

チェックイン前に重たい荷物を預けることができたら、後は手ぶらで観光をすることができるので、とても便利です。

また、カウンターに直接預けに行くのではなく、事前に発送しておくことも可能です。この場合も、ホテル側に荷物を先に送る旨を伝えて、宛先等に間違いがないようにしましょう。

チェックアウト後の荷物はどうする?

逆に、チェックアウト後の荷物についてはどうでしょうか。チェックアウト時間は10~11時であることが多いです。飛行機や新幹線までに時間があるし、その間にちょっと買物や食事でも、ということはあるかと思います。

チェックアウトした後の荷物の預かりについては、当日までであれば預かってくれるところが多いです。ただし、チェックイン前に比べると、対応しているホテルが少なくなるかもしれません。

例えば、当日の20時までと、時間が決められていることが多いので、注意しましょう。

また、ホテルから荷物を発送することができる場合もあります。この場合、配送業者に持ち込んだり、集荷の依頼をしなくていいので便利です。元払いで料金をホテル側に支払う場合と、着払いにして受け取り時に支払う場合があります。

旅行の時、荷物を預けることができる場所は?

旅行の時に荷物を預ける場所としては、ホテルやコインロッカーが定番です。

しかしそれ以外にも、荷物を預けることのできる場所は存在します。その例をご紹介します。

ホテル

上記の通り、ホテルに預けるのが、その後の対応も含めると一番簡単でしょう。

チェックイン前や、チェックイン後でも対応していることが多いです。

コインロッカー

大きな駅やイベント会場には、たいていコインロッカーがあります。

ただし、空いているかどうかは分からないという問題があります。特にイベント時には、埋まっていて使えない可能性が高いです。

またスーツケース等の大きな荷物は入らないことがあるので、サイズを確認しておきましょう。

空港

ほとんどの空港には、手荷物預かりサービスがあります。数日間預けることができる場合も多いです。

また短期間であれば、ラウンジに預けることができる場合もあります。

観光センター

観光地の情報センターが、荷物預かりサービスを提供している場合があります。

旅行会社

旅行会社のオフィス、ツアーコンダクター、ガイド等が、荷物を預かってくれる場合があります。

郵便局・配送業者

一部の郵便局や配送業者では、荷物預かりサービスを提供しています。

すべての営業所ではなく、場所が限られているので、注意しましょう。

漫画喫茶・ネットカフェ

漫画喫茶やネットカフェが、荷物預かりサービスを提供していることがあります。

荷物預かりサービス提携先(カフェ、ショップ、カラオケ等)

カフェやレストラン等と連携して、荷物預かりサービスを提供している業者があります。

ecbo cloak

公共施設

図書館や博物館等の施設に、無料・有料で利用できるロッカーがあることがあります。

レンタカー

レンタカーを借りたのであれば、車内やトランクを荷物置き場として考えることもできます。

友人の家

近くに友人や知人が住んでいれば、荷物を預かってもらうというのも一つの方法です。

無料の荷物預かりサービスはある?

基本的に、荷物を無料で預けられるのはホテルくらいでしょう。それも無料というよりは、宿泊料金に含まれていると考えたほうが適切です。

一部の施設で、無料でロッカーを貸し出している場合もありますが、それはその施設の利用者向けのサービスです。施設を利用しないのに、ロッカーだけを借りるのは、マナー違反となります。

無料の預かりサービスは、ホテルや友人以外に、ないと考えたほうがよいでしょう。

海外ではスーツケース持ったまま観光する?

日本国内でも様々な荷物預かりサービスがありますが、海外旅行の場合はどうでしょうか。

現地の状況が分からないので、スーツケースを持ったまま観光をした方が、簡単で手っ取り早いのではないかと思うかもしれません。しかし、やめたほうが無難です。

まず、ホテルに預けることが基本となりますので、持ち歩くということはあまりありません。パッケージツアーの場合は、旅行会社が荷物についても管理してくれるでしょう。

個人旅行の場合は、持ったまま観光するということもあり得ますが、その場合、下記のようなデメリットがあります。

移動が不便

スーツケースは重くてかさばるので、移動が不便になります。

特に階段や坂道、狭い通路、悪天候の場合は大変です。物理的に移動できないということすらあるでしょう。

疲れる

長時間、重いスーツケースを引いていると、疲れてしまいます。せっかくの旅行を楽しめないかもしれません。

壊れる

舗装されていない道を歩いていたら、スーツケースのキャスターや持ち手が壊れてしまうかもしれません。

そうなると大参事で、旅行どころではなくなってしまいます。

盗まれる

スーツケースを持ち歩いているということは、そこにすべて入っているということなので、盗難のリスクが高まります。

施設に入れない

博物館、美術館、レストラン等では、大きな荷物の持ち込みができない場合があります。

また、施設や観光地によっては、キャスターが禁止されていることもあります。

迷惑になる

混雑した場所では、大きなスーツケースは、他の人の迷惑になることがあります。

また、住宅地や夜間の場合は、ゴロゴロと引く音が迷惑となることがあります。

通報される

日本は治安が良いので、荷物を置いてその場を離れるということもあるかと思います。

2009年にドイツで、日本人観光客が、駅のベンチにスーツケースをチェーンで固定し、その場を離れて観光に行ったところ、警察に不審物があると通報され、爆発物処理班が出動する事態となりました。

駅構内や周辺の店舗には避難命令が出され、電車は1時間半に渡り運行中止するという、大変な騒ぎとなりました。最終的に、この日本人には多額の賠償請求がされたとのことです。

Japanischer Tourist legt Hauptbahnhof lahm

荷物から離れると、盗難の可能性があるだけでなく、逆に通報される可能性もありますので、注意しましょう。

旅行の荷物を減らすにはどうする?

荷物を預けるくらいならば、最初から持っていかなければいいという話があります。荷物を減らすためのコツ、スーツケースは必要かについて解説します。

スーツケースに荷物を押し込める女性

旅行の荷物を減らす方法

主に国内旅行で、荷物を減らすコツをご紹介します。

衣服を減らす

旅行で一番大きな荷物が衣服です。衣服をどれだけ減らすことができるかが勝負となります。

重ね着を工夫するなどして、少ない衣服で気回せれるようにしましょう。

また下着等は、洗濯することを前提にすれば、持っていく数を減らすことができます。

液体を持っていかない

衣服は圧縮袋を使えば容量を減らすことができますが、どうやっても圧縮できないのが液体です。

シャンプー・リンス、化粧品、ペットボトルの飲み物等の液体は、なるべく持っていかないようにしましょう。

現地調達する

国内旅行であれば、たいていのものは現地で購入することができます。

買えることが分かっているものは、持っていかないようにしましょう。

アメニティを活用する

歯ブラシ、シャンプー、タオル等は、たいていの宿泊施設には置かれています。

あることが分かっているものは、持っていかないようにしましょう。

デジタルにする

紙はスキャンして、デジタルデータとして保管します。

本は、電子書籍を活用しましょう。Kindle Unlimitedであれば、月額980円で200万冊以上が読み放題となります。

現金は少なくして、クレジットカードや、電子マネーを活用するようにします。

いざという時を考えない

荷物が増えるのは、もしもの時を考えるからです。

心配事の96%は起こらないと言います。いざという時の備えを考えていてはキリがありませんので、最低限のものだけ持っていくようにしましょう。

宅配する

スキーやゴルフなどのスポーツをするとなると、荷物がとても多くなります。

スポーツをしない場合でも、荷物を目的地に事前に送ることを考えれば、手で持っていく必要がなくなります。帰りも同様です。

国内旅行にスーツケースはいらない?

旅行にスーツケースがいるかどうかは、最終的な荷物の量、移動手段によりますが、スーツケースかどうかというよりも、以下の点に注意するとよいでしょう。

機内に持ち込めるサイズ

飛行機を利用するならば、機内に持ち込めるサイズのバッグ・スーツケースにしましょう。預け荷物にすると、手続き等で時間がかかって、何かと面倒です。

航空会社や飛行機のサイズにもよりますが、一般的に以下のような条件が多いです。

3辺の合計が115cm(または100cm)で、10kg以内

バッグは一つにする

カバンを複数にすると、移動が大変となります。

小さなサブバッグがあると便利ではありますが、最低でも両手が空くようなタイプにしましょう。

お土産を考慮する

最終的なカバンのサイズは、お土産を購入するかどうかでも決めましょう。

何を買うかにもよりますが、頑丈なスーツケースであった方がいい場合もあります。

まとめ 旅行中の荷物はどうするのが正解?

記事の内容をまとめます。

  • 多くのホテルでは、チェックイン前やチェックイン後に荷物を預けることが可能
  • 旅行の時に荷物を預けることができる場所として、以下のようなものがある
    • ホテル
    • コインロッカー
    • 空港
    • 観光センター
    • 旅行会社
    • 郵便局・配送業者
    • 漫画喫茶・ネットカフェ
    • 荷物預かりサービス提携先
    • 公共施設
    • レンタカー
    • 友人の家
  • 基本的に、荷物預かりサービスは有料
  • 無料(追加料金無し)で荷物を預けることができるのはホテルくらい
  • 海外旅行では、スーツケースを持ったまま観光せずに、ホテル等に預けたほうがよい
  • 旅行の荷物は、必要なものだけに厳選し、減らす努力をした方がいい
  • 国内旅行では、スーツケースが必要かどうかというよりも、サイズや個数、堅牢性で考えたほうがよい

おすすめ記事

高評価なのにひどい?お台場のレゴランドって実際どうなの? 1

レゴランドと言えば名古屋が有名ですが、東京のお台場にもレゴランドはあります。特にレゴブロックが大好きな子どもたちにとっては、間違いなく楽しめる施設となっています。一方、極一部で「ひどい」という意見もあ ...

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何? 2

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点 ...

VPNって何がバレるの?匿名性は? 3

「VPN」は接続元の「IPアドレス」を隠すことができますが、VPNを使用していることはバレてしまいます。またインターネット上の匿名性はIPアドレスによるものだけではありません。さらに「VPNサービスプ ...

韓国でおすすめのタクシーアプリ3選と、関連アプリ8選 4

韓国旅行を楽しみたいのであればタクシーを利用することがおすすめです。しかし言葉の問題や、ぼったくりの被害など、少しハードルが高い面もあるかと思います。そんな時に便利なのがタクシー配車アプリです。この記 ...

誕生石29種の、値段や希少石が高い順ランキング 5

誕生石というと、一つの月に一つの宝石をイメージされるかもしれませんが、実際には29種の誕生石があり、一つの月に複数の宝石が割り当てられています。また、国によっても微妙に異なります。この記事では、そもそ ...

-旅行
-, ,