ニューヨーク旅行は何泊がおすすめ?モデルコースと予算例

広告 旅行

ニューヨーク旅行は何泊がおすすめ?モデルコースと予算例

ニューヨークは世界の中心都市と言われており、政治や経済だけでなく、アートやエンターテイメントでも世界をリードしています。観光をするならば見どころがたくさんあります。また生活費がとても高いことで知られているので、予算も気になるところです。この記事では、ニューヨークの地区別におすすめの観光スポットをご紹介し、そこからモデルコースと予算例を示しています。

ポイント

  • ニューヨークの特徴
  • ニューヨークの気候とベストシーズン
  • ニューヨーク市内のおすすめ観光スポット
  • ニューヨーク市近郊のおすすめ観光スポット
  • ニューヨーク旅行のモデルコースと予算例

ニューヨーク旅行のベストシーズンは?何泊必要?

ニューヨークの特徴と、気候、おすすめの時期と日数についてご説明します。

ニューヨークの地図

アメリカはでかい

アメリカ合衆国は50の州からなる国で、とても広大です。1つの州が1つの国と考えたほうがよいでしょう。この認識を持たずに旅行をすると、とんでもないことになります。

ニューヨーク州の面積は141,299km2で、北海道と東北地方を合わせたのと同じくらいです。

ニューヨーク市の陸上面積は778km2で、東京23区より少し大きいくらいです。

この記事では、主にニューヨーク市への旅行について解説しています。

ニューヨークはどんな町?

ニューヨークは、アメリカ合衆国の北東部に位置する都市です。文化と経済の中心地として発展しており、「眠らない都市(The City That Never Sleeps)」とも呼ばれます。アメリカ国内からだけだなく、世界的にもリーダー都市として認識されてています。

ニューヨークの特徴をいくつかご紹介します。

多様性

ニューヨークは世界中から移民が集まって形成された多文化都市で、多様な言語、宗教、文化が共存しています。

食文化も多様で、世界各国の料理を提供する、様々なレストランが集まっています。

金融と経済

ウォール街は金融業界の中心地であり、ニューヨーク証券取引所など、重要な金融市場が集まっています。

また、多くの企業がニューヨークに本社を置いており、グローバルビジネスのハブでもあります。

音楽

ニューヨークのサウスブロンクスは、ヒップホップ発祥の地として知られています。

それだけでなく、ジャズ、ロック、パンク、ラテン、クラシックなど、世界中のミュージシャンがニューヨークに集い、音楽文化を発展させてきました。

ニューヨーク各地に歴史的なクラブやコンサートホールがあり、それぞれのジャンルの聖地となっています。

アート

劇場や美術館が豊富にある他、パブリックアート・ストリートアートが盛んで、街全体がキャンバスのようです。

インスピレーションとチャンスを求めて、世界中からアーティストが集まってきています。

生活

生活費が高いことで知られており、特に住宅費は世界一高いと言われています。

駐車場も高いので、車を持つのも大変ですが、地下鉄を中心とした公共交通機関が発達しています。アメリカでは珍しく、車なしで生活できる都市です。

セントラルパークをはじめとして公園が多く、大都会でありながら自然を楽しむことができます。

ニューヨークの気候

ニューヨークの気候を東京と比べてご説明します。

緯度

ニューヨークの緯度は40度42分で、青森市の40度49分とほぼ同じくらいです。

ですから、東京よりはずいぶん北にあるというイメージを持ちましょう。

気温と降水量

平均気温(℃)
ニューヨーク東京
115
226
3610
41215
51720
62224
72527
82428
92024
101418
11812
1237
平均降水量(mm)
ニューヨーク東京
19052
27856
3110118
4100125
5114138
6112168
7117153
8119168
9108210
10116198
1110293
1210151
ニューヨークと東京の天候の比較

ニューヨークは四季もはっきりしていますが、全体的に東京よりは気温が低いです。

冬は雪が降る日も多いです。空気がとても乾燥しているので、日本の冬とは違ったつらさがあります。

ニューヨーク旅行のおすすめ時期

ニューヨークは、基本的にいつ旅行に行っても大丈夫ですが、特に春と秋がおすすめです。

春は、セントラルパーク(Central Park)やブルックリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)で花が満開となり、街全体が生き生きとして見えます。

春のニューヨークには、新しい始まりの感じがあり、屋外でのフェアやイベントも多く開催されます。

夏は、観光客で最も賑わう時期ですが、気温や湿度が高くなるので、活動はしにくくなります。

秋は紅葉が美しく、気温も涼しくなるため、屋外での散策や観光には最適です。

特に10月中旬から11月にかけてのセントラルパークは素晴らしく、散歩をすれば気分はニューヨーカーです。

冬は寒く、雪が降ることもありますが、クリスマスシーズンや新年のカウントダウンなど、この時期ならではの楽しみもあります。

ニューヨーク旅行は何泊がおすすめ?

ニューヨーク旅行は、最低でも3泊5日は必要となります。一人旅であれば、このくらいでも大丈夫かもしれません。

初めてのニューヨーク旅行であれば、5泊7日が一番適切とされています。主要な観光地を、ある程度余裕を持って回ることができます。

ニューヨークの観光名所 全部回るなら何泊必要?

ニューヨークのおすすめ観光地を、ニューヨーク市内の5つの区と、周辺地区に分けて詳しくご紹介します。また日数の目安についてもご紹介します。

ニューヨークの標識

ニューヨーク市内のおすすめ観光スポット

ニューヨーク市は5つの地区(boroughs)から成っており、それぞれが独自の特徴を持っています。

説明のために有名なエリアや通り名も含めているので、一部重複する箇所もありますが、ご了承ください。

マンハッタン

マンハッタン(Manhattan)」は、ニューヨーク州の南東部に位置し、ハドソン川、イースト川、ハーレム川に囲まれています。

金融とビジネスの世界的中心地であり、最もニューヨークを象徴している地区と言えるでしょう。

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)」は、1870年に設立された世界最大級の美術館で、古代から現代に至るまでの幅広い作品を収蔵しています。

アメリカ自然史博物館

アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)」は、1869年に設立された世界有数の自然史博物館で、恐竜から、海洋、宇宙まで、自然と科学についての壮大な展示物があります。

911メモリアル&ミュージアム

911メモリアル&ミュージアム(9/11 Memorial & Museum)」は、2001年9月11日に発生した同時多発テロ事件の犠牲者を追悼するための施設です。

ワールドトレードセンター跡地に建てられており、当時の映像記録や、個人的な遺物が展示されています。

セントラルパーク

セントラルパーク(Central Park)」は、1857年に開園した広大な公園で、ニューヨークの象徴として知られています。

豊かな自然がある他、人口の湖やアイススケートリンク、野外劇場などの施設もあります。

セントラルパーク
ハイライン

ハイライン(The High Line)」は、2009年に公開された、高架線跡地を利用した空中遊歩道です。

都市の新しい空間デザインとして注目を集めるとともに、市民にとっては憩いの場所となっています。

タイムズスクエア

タイムズスクエア(Times Square)」は、ブロードウェイと7番街の交差点を中心とする繁華街です。

ニューヨークの観光とエンターテイメントを象徴する場所として、世界的に知られています。

エンパイアステートビル

エンパイアステートビル(Empire State Building)」は、1931年に完成した、高さ443.2メートルの高層ビルです。当時は世界一高い建造物でした。

展望台からはニューヨークを一望できるので、観光スポットとしても人気です。

ロックフェラーセンター

ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)」は、19のビルから成る大規模な複合商業施設です。

特に、冬季に飾られる巨大なクリスマスツリーと、屋外スケートリンクで有名です。ビジネスとエンターテイメントが一体となった、ニューヨークの中心的な場所です。

ブロードウェイ

ブロードウェイ(Broadway)」は、マンハッタンを南北に走る長い通りで、特にタイムズスクエア周辺には、多数の劇場が集中していることで知られています。

公式には41軒がブロードウェイ劇場と認定されており、世界中から観光客が訪れています。

ウォールストリート

ウォールストリート(Wall Street)」は、多くの銀行や投資会社、証券取引所が集まる通りです。

ウォールストリートという言葉が、単なる道の名前ではなく、金融業界全体を指すことがあるほど、強い影響力を持っています。

フィフスアベニュー

フィフスアベニュー(Fifth Avenue)」は、日本では「五番街」とも言われ、ティファニー、グッチ、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドが立ち並ぶ通りです。

また、図書館や美術館などの文化施設も多くあるため、観光客と地元住民で賑わっています。

カルティエとティファニー どっちを買うべき?

ファッション

カルティエとティファニーどっちを買うべき?

カルティエとティファニーは、世界五大ジュエラーの一つであり、日本でも広く愛されているブランドです。どちらも多くの商品を展開していますが、若干方向性の違いがあり、客層も異なります。この記事では、カルティ ...

マディソンアベニュー

マディソンアベニュー(Madison Avenue)」は、多くの広告代理店が集まる通りです。

そのため、最新トレンドに敏感なギャラリーやレストランが立ち並び、観光客にとっても魅力的なエリアとなっています。

ソーホー

ソーホー(SoHo)」は、マンハッタンの南西部に位置する地区です。

高級ブティックやアートギャラリーが立ち並び、ニューヨークでも最も洗練されているとされる地区です。

アッパーイーストサイド

アッパーイーストサイド(Upper East Side)」は、セントラルパークの東側とイースト川の間のエリアです。

超高級住宅街として知られており、私立学校が集まる他、「ミュージアムマイル(Museum Mile)」という美術館が立ち並ぶ通りもあり、ニューヨークの上流階級を象徴する地区です。

ハーレム

ハーレム(Harlem)」は、マンハッタンの北部に位置する地区です。

ジャズやブルースなど、アフリカ系アメリカ人文化の中心地として知られています。「アポロシアター(Apollo Theater)」があるのもこの地区です。

ブルックリン

ブルックリン(Brooklyn)」は、マンハッタンの東に位置し、イースト川を挟んで対岸にあります。

多様な文化が共存しており、若者やアーティストに人気の地区です。

ブルックリン橋

ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)」は、イースト川に架かる橋で、マンハッタンとブルックリンを結んでいます。

1883年に完成したゴシック様式の壮大な吊橋で、ニューヨークを象徴する景観となっています。

ブルックリン植物園

ブルックリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)」は、1910年に開園した広大な植物園です。

四季折々の植物を楽しむことができますが、特に桜の季節には多くの訪問者で賑わいます。

ダンボ

ダンボ(Dumbo)」は、「Down Under the Manhattan Bridge Overpass」の略で、マンハッタン橋とブルックリン橋の間にある地区です。

かつては倉庫街でしたが、1990年代からアーティストやテクノロジー企業が集まり始め、現在ではマンハッタンにも劣らないおしゃれなエリアとして注目されています。

ダンボ
ウィリアムズバーグ

ウィリアムズバーグ(Williamsburg)」は、若者に人気の地区です。

アート、カフェ、音楽、レストランなど、多様で刺激的な文化で溢れています。

コニーアイランド

コニーアイランド(Coney Island)」は、昔は島でしたが、現在は陸続きとなっている半島エリアです。

ニューヨークのリゾート地として機能しており、ビーチや水族館、歴史的な遊園地である「ルナパーク(Luna Park)」などがあります。

クイーンズ

クイーンズ(Queens)」は、ロングアイランドの西部に位置し、マンハッタンとブルックリンの北東にあります。

世界で最も多様性のある地区と言われています。

ロングアイランドシティ

ロングアイランドシティ(Long Island City)」は、イースト川を挟んで、マンハッタンの対岸にある地区です。

住宅街として発展する一方、多くのアート施設ができ、文化的な中心地となっています。

ロングアイランドシティ
ジャクソンハイツ

ジャクソンハイツ(Jackson Heights)」は、ニューヨークで最も文化的に多様な地区とされています。

様々な国のレストランが軒を連ねており、他の地区とは一線を画した雰囲気を持っています。

フラッシングメドウズコロナパーク

フラッシングメドウズコロナパーク(Flushing Meadows-Corona Park)」は、セントラルパークにの次に大きな公園です。

美術館や動物園などの施設の他、テニスやサッカーのコートもあります。

クイーンズ美術館

クイーンズ美術館(Queens Museum)」は、フラッシングメドウズコロナパーク内にある美術館です。

現代アートの他、ニューヨークの歴史や文化に関する展示が豊富です。

シティフィールド

シティフィールド(Citi Field)」は、ニューヨーク・メッツの本拠地である野球場です。

野球以外にも、コンサートや、他のスポーツで使用されることもあります。

ブロンクス

ブロンクス(The Bronx)」は、マンハッタンの北に位置し、ハーレム川によって隔てられています。

動物園や植物園がある他、ヒップホップの発祥地としても知られています。

ブロンクス動物園

ブロンクス動物園(Bronx Zoo)」は、1899年に開園した、世界最大級の動物園です。

広大な敷地を活かし、自然に近い環境を再現した展示で知られています。

ニューヨーク植物園

ニューヨーク植物園(New York Botanical Garden)」は、1891年に開園した、広大な植物園です。

年間を通して展示が行われている他、最先端の研究所を持っており、植物学の国際的リーダーとなっています。

ニューヨーク植物園
ウェーブヒル

ウェーブヒル(Wave Hill)」は、美しい公共庭園かつ文化センターです。

高台の上に位置しており、ハドソン川を眺め、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

ヤンキースタジアアム

ヤンキースタジアアム(Yankee Stadium)」は、ニューヨーク・ヤンキースの本拠地である野球場です。現在の球場は2009年に開業しました。

様々な用途に使用されていますが、ヤンキースのホームゲームには多くの人が集まり、アメリカのスポーツ文化を楽しむことができます。

スタテンアイランド

スタテンアイランド(Staten Island)」は、ニューヨーク市の最南端に位置し、ニュージャージー州の近くにあります。

郊外の住宅地という雰囲気で、公園や緑地が多くあります。

スタテンアイランドフェリー

スタテンアイランドフェリー(Staten Island Ferry)」は、マンハッタンとスタテンアイランド間を運行するフェリーサービスです。所要時間は約25分で、無料で利用できます。

通勤者にとっては重要な交通手段ですが、観光客にとっても、自由の女神像やマンハッタンのスカイラインなど、ニューヨークを象徴する景観を楽しむことができるサービスです。

スタテンアイランドフェリー
スタテンアイランド動物園

スタテンアイランド動物園(Staten Island Zoo)」は、1836年に開園した動物園です。

大きな動物園ではありませんが、爬虫類が充実していることで知られています。

ヒストリックリッチモンドタウン

ヒストリックリッチモンドタウン(Historic Richmond Town)」は、17世紀から19世紀にかけての建築物を復元させたエリアです。

家屋や教会、裁判所などがあり、古き良きアメリカの村落を体感することができます。

スナグハーバー文化センター&植物園

スナグハーバー文化センター&植物園(Snug Harbor Cultural Center & Botanical Garden)」は、複数の施設から成る文化施設です。

広大な公園の中に、博物館や劇場、植物園などが多数あり、地元住民の他、観光客も楽しめる場所となっています。

リバティ島・エリス島

リバティ島(Liberty Island)」は、行政区分上はニューヨークのマンハッタンに属していますが、場所としてはニュージャージー州の水域に位置しています。

エリス島(Ellis Island)」は、島の一部のみマンハッタンに属するなど、さらに妙なことになっています。

自由の女神像

自由の女神像(Statue of Liberty)」は、1886年に建てられた、高さ93メートルの像です。

アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴として、世界的に知られています。

エリス島移民博物館

エリス島移民博物館(Ellis Island Immigration Museum)」は、アメリカの移民の歴史を伝える博物館です。

エリス島には、かつて移民局が置かれており、ヨーロッパからの移民は必ずこの島から入国していました。

エリス島移民博物館

ニューヨーク市近郊のおすすめ観光スポット

ニューヨーク市から日帰りで行ける範囲の、おすすめ観光スポットをご紹介します。

アメリカの雄大な自然や、建国の歴史を楽しむことができます。

ニューヨーク州

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝(Niagara Falls)」は、アメリカとカナダの国境にある、壮大な滝です。

「ナイアガラ川(Niagara River)」が、「エリー湖(Lake Erie)」から「オンタリオ湖(Lake Ontario)」へと流れ落ちる地点にあり、「アメリカ滝(American Falls)」「ブライダルベール滝(Bridal Veil Falls)」「ホースシュー滝(Horseshoe Falls、またはカナダ滝)」の3つの大きな滝から成っています。

ハドソンバレー

ハドソンバレー(Hudson Valley)」は、ニューヨーク市北部の、ハドソン川に沿った広範囲な地域を指します。

ワインやビールの生産地として知られている他、ハイキングやカヤックなどのアウトドアアクティビティを楽しむこともできます。

ハドソンバレー
キャッツキル山地

キャッツキル山地(Catskill Mountains)」は、ニューヨーク州の南東部に位置する山地です。

19世紀の風景画家によって、頻繁に描かれたことでも知られています。

キャンプ、スキー、釣りなど、様々なアウトドア活動が楽しめます。

アディロンダック山地

アディロンダック山地(Adirondack Mountains)」は、ニューヨーク州北部に位置する山脈です。

ほぼ全域が「アディロンダック公園(Adirondack Park)」に含まれ、自然保護区となっています。

ニューヨーク州で一番高い山である、標高1,629メートルの「マウント・マーシー(Mount Marcy)」があり、地元住民から愛されています。

フィンガーレイクス

フィンガーレイクス(Finger Lakes)」は、ニューヨーク州の中央部にある、11の細長い湖の総称です。

アメリカ国内でも有数のワイン生産地であり、特に白ワインで有名です。

ハイキングやボート、釣りなど、多様なアウトドア活動を楽しめます。

ニュージャージー州

リバティ州立公園

リバティ州立公園(Liberty State Park)」は、大西洋に面した広大な公園です。

自由の女神像やエリス島へのフェリー乗り場があるため、観光客で賑わっている他、地元住民にとっては憩いの場所となっています。

ジャージーショア

ジャージーショア(Jersey Shore)」は、大西洋に面した海岸地帯を指します。

美しいビーチとリゾートタウンで知られており、特に夏には多くの人々で賑わいます。若者のパーティ文化を代表する地域でもあります。

ジャージーショア
プリンストン大学

プリンストン大学(Princeton University)」は、1746年に設立された歴史ある大学で、アイビーリーグに属する8校の一つです。

ゴシック様式の建築と美しい庭園で知られており、観光スポットとしても人気です。

コネチカット州

ミスティック港

ミスティック港(Mystic Seaport)」は、19世紀の港町を再現した博物館です。

当時の航海や捕鯨の歴史を体験することができます。

ミスティック港
ギルフォード

ギルフォード(Guilford)」は、1639年に設立された古い町です。

アメリカ植民地時代の建物が残っており、当時の雰囲気を体感することができます。

また、ロングアイランド湾に面しているので、ビーチで楽しむこともできます。

ペンシルベニア州

フィラデルフィア

フィラデルフィア(Philadelphia)」は、1682年に設立された町で、植民地時代にはアメリカ最大の都市でした。

1776年のアメリカ独立宣言や、1787年のアメリカ合衆国憲法が起草された土地であり、アメリカの歴史を感じられる施設がたくさんあります。

フィラデルフィア
ポコノ山地

ポコノ山地(Pocono Mountains)」は、ペンシルベニア州の北東にある山地で、広大な森林や、美しい湖川など、自然豊かな地域です。

家族向けのリゾートホテルやスパなどの施設が充実しています。

全部回るには何泊必要?

上記でご紹介したような観光スポットを見て回るには、最低でも2週間から1ヶ月は必要となるでしょう。

日本からニューヨークへ旅行する際のよくある日程は、5泊7日です。この場合、どれだけ弾丸ツアーをしたとしても、全てを見ることはできないので、対象を絞る必要があります。

ニューヨーク市内の観光スポットに限定すれば、2週間でギリギリというところです。余裕をもたせるならば、もう少し長めに設定したいところです。

ニューヨーク市の周辺地域まで含めると、1ヶ月程度を見るとよいでしょう。

ニューヨーク旅行 何泊別モデルコースと予算例

ニューヨーク旅行のモデルコースと費用を、3泊5日、5泊7日、7泊9日の3つに分けてご紹介します。

ニューヨークへ着陸する飛行機

3泊5日

3泊5日のニューヨーク旅行のモデルコースをご紹介します。マンハッタンが中心です。

予算は大人一人の場合です。

モデルコース

1日目

羽田・成田発、ニューヨーク着。

タイムズスクエアを散策し、ブロードウェイでショーを見る。

2日目

フェリーに乗り、自由の女神像とエリス島移民博物館を訪問する。

ワールドトレードセンター跡地の911メモリアル&ミュージアムを訪れる。

3日目

セントラルパークを散歩し、メトロポリタン美術館を訪問する。

夜はエンパイアステートビルから夜景を楽しむ。

4日目

フィフスアベニューやソーホーエリアでショッピングを楽しむ。

夕方、ニューヨークを立つ。

5日目

羽田・成田着。

予算

  • 航空券:100,000円~150,000円
  • 宿泊費:20,000円 × 3泊 = 60,000円
  • 食費:5,000円 × 4日 = 20,000円
  • 交通費:5,000円
  • 入場料:10,000円
  • ショッピング:30,000円
  • 合計:225,000円~275,000円

5泊7日

5泊7日のニューヨーク旅行のモデルコースをご紹介します。

モデルコース

上記に、アッパーイーストサイドのミュージアムマイルと、ブルックリン区を追加します。

予算

  • 航空券:100,000円~150,000円
  • 宿泊費:20,000円 × 5泊 = 100,000円
  • 食費:5,000円 × 6日 = 30,000円
  • 交通費:7,000円
  • 入場料:15,000円
  • ショッピング:40,000円
  • 合計:292,000円~342,000円

7泊9日

7泊9日のニューヨーク旅行のモデルコースをご紹介します。

モデルコース

上記に、ハーレム地区と、ブロードウェイでの追加鑑賞、ハドソンバレーなどへの小旅行を追加します。

予算

  • 航空券:100,000円~150,000円
  • 宿泊費:20,000円 × 7泊 = 140,000円
  • 食費:5,000円 × 8日 = 40,000円
  • 交通費:10,000円
  • 入場料:20,000円
  • ショッピング:50,000円
  • 合計:360,000円~410,000円

これらは大まかな目安であり、ホテルやレストラン、ショッピングなどによって大幅に変わることはご了承ください。

まとめ ニューヨーク旅行は何泊がおすすめか

記事の内容をまとめます。

  • ニューヨーク旅行は、5泊7日が一般的で、予算は大人一人で30万~35万円ほど
  • ニューヨーク旅行は、最短で3泊5日で、予算は大人一人で23万~28万円ほど
  • ニューヨーク市内の観光地をすべて回るのであれば、2週間程度は必要
  • ニューヨーク市近郊の観光地もすべて含めると、1ヶ月程度は必要
  • ニューヨーク市には、マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドの5つの区があり、それぞれ特徴が異なる
  • 観光の中心はマンハッタンとなり、次にブルックリン、次にその他と広げていくとよい
  • ニューヨーク市の近郊では、大自然と、アメリカの歴史を体感することができる

おすすめ記事

高評価なのにひどい?お台場のレゴランドって実際どうなの? 1

レゴランドと言えば名古屋が有名ですが、東京のお台場にもレゴランドはあります。特にレゴブロックが大好きな子どもたちにとっては、間違いなく楽しめる施設となっています。一方、極一部で「ひどい」という意見もあ ...

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何? 2

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点 ...

VPNって何がバレるの?匿名性は? 3

「VPN」は接続元の「IPアドレス」を隠すことができますが、VPNを使用していることはバレてしまいます。またインターネット上の匿名性はIPアドレスによるものだけではありません。さらに「VPNサービスプ ...

韓国でおすすめのタクシーアプリ3選と、関連アプリ8選 4

韓国旅行を楽しみたいのであればタクシーを利用することがおすすめです。しかし言葉の問題や、ぼったくりの被害など、少しハードルが高い面もあるかと思います。そんな時に便利なのがタクシー配車アプリです。この記 ...

誕生石29種の、値段や希少石が高い順ランキング 5

誕生石というと、一つの月に一つの宝石をイメージされるかもしれませんが、実際には29種の誕生石があり、一つの月に複数の宝石が割り当てられています。また、国によっても微妙に異なります。この記事では、そもそ ...

-旅行
-, ,