スパークリングワインを冷凍庫で冷やす!注意点とコツ

広告 ワイン

スパークリングワインを冷凍庫で冷やす!注意点とコツ

2023年7月29日

スパークリングワインを楽しむには、温度管理が重要です。温度管理の方法はいろいろありますが、冷凍庫を使った冷却方法には、特に注意が必要です。この記事では、スパークリングワインを冷凍庫で適切に冷やすためのポイントや注意点を詳しく解説します。これにより、スパークリングワインの魅力を引き出し、より簡単に楽しむことができるようになります。

ポイント

  • スパークリングワインの適切な提供温度と冷却方法
  • スパークリングワインを冷凍庫で冷やす際の注意点とコツ
  • スパークリングワインを冷凍庫で冷やす時間とその影響
  • 開封後のスパークリングワインの保存方法

スパークリングワインを冷凍庫で冷やす方法

ワインクーラー

スパークリングワインの適温

スパークリングワインの魅力を最大限に引き出す温度は、6℃~10℃とされています。この温度帯は、スパークリングワインの持つ、豊かで爽快な風味を、最もよく引き立てます。

この温度より低くなると、香りが閉じ込められて、ワインの魅力を十分に感じることが出来ません。また、温度が高すぎると、アルコールの刺激が強くなり、これも風味を損なう原因となります。

このように、スパークリングワインを楽しむならば、適切な温度管理が重要となります。

冷蔵庫で冷やすならば、一般的に3~4時間が目安とされています。また冷却後は、すぐに開栓して飲むことが推奨されています。

スパークリングワインは常温でも飲める?

上記のように、スパークリングワインは、一般的には冷たい状態で飲むことが推奨されています。

しかし常温で飲めないということはなく、個人の好みによります。例えば、高品質のヴィンテージスパークリングワインは、常温で飲むことで、より複雑な香りを味わうことができるかもしれません。

ただし、常温で飲むと、炭酸の泡立ちが激しくなり、アルコールの刺激も強くなります。

スパークリングワインは、自分の好みや、食事とのペアリング、その場の雰囲気に合わせて、温度も調整するようにするとよいでしょう。

スパークリングワインの冷やし方

スパークリングワインを最適な状態で飲むためには、何かしらの方法で冷却する必要があります。

家庭では、冷蔵庫で3~4時間冷やすと、理想的な温度である6℃~10℃となります。また、専用のワインクーラーや、氷を入れたバケツを使用することもできます。

ピーコック魔法瓶工業(The-peacock)
¥3,141 (2024/04/18 23:24時点 | Amazon調べ)

しかし、予期せぬ来客や、急なパーティなどで、スパークリングワインをすぐに冷やす必要がある場合もあります。そういう状況では、冷凍庫で15~20分冷やすと、適切な温度にすることができます。ただし、スパークリングワインを長期間冷凍庫に入れたままにすると、ワインの品質が損なわれてしまうため、注意が必要です。

ワインは、横向きに寝かせて保存するのが基本です。これはコルクが液体に触れることで乾燥するのを防ぎ、ワインが酸化することを抑えられるからです。しかしスペース等の問題で、縦置きにしかできないこともあるかと思います。縦置きにする時間は、飲む直前など、なるべく短くなるようにしましょう。

ワインセラーを冷蔵庫の代わりに使える?その逆は?

ワイン

ワインセラーを冷蔵庫の代わりに使える?その逆は?

ワインセラーと冷蔵庫は、冷却の仕組みは同じですし、見た目もよく似ています。ワインセラーを冷蔵庫の代わりに使えるのではないか、または逆に、冷蔵庫をワインセラーの代わりに使えるのではないか、と思うかもしれ ...

スパークリングワインを冷凍庫で冷やして大丈夫?

スパークリングワインを冷凍庫で冷やすことは、家庭においては、有効は方法でしょう。しかしそのやり方には、注意が必要です。短期的に冷やすのであればいいのですが、長期的に保管することには適していません。

ワインは温度変化にとても敏感です。急激な温度変化は、ワインの品質に悪影響を及ぼす可能性があります。特にスパークリングワインの繊細な風味と香りは、大きく損なわれる可能性があります。

スパークリングワインの理想的な提供温度は、6℃~10℃です。一方、冷凍庫の温度は、通常-18℃前後です。これはスパークリングワインにとっては、冷たすぎる環境です。

したがって、スパークリングワインを冷凍庫で冷やす場合は、短期間の冷却に留めるようにしましょう。

スパークリングワインは冷凍庫で何分で冷える?

冷凍庫の温度を-18℃、ワインの初期温度を室温(20℃)とした場合、冷凍庫に入れると約15~20分で冷えるとされています。

しかしこれは、冷凍庫の温度や性能、ワインの初期温度によって変動します。また、ボトルの大きさや材質も重要な要素です。ボトルが大きかったり、ガラスが厚かったりすると、冷却により時間がかかることになります。

したがって、スパークリングワインを冷やすための時間は、実際に試してみて、調整をすることが必要となります。

スパークリングワインは冷凍庫で何時間までOK?

では逆に、何時間まで冷凍庫に入れてもいいのかというと、最大でも1.5時間とされています。

1.5時間を超えると、ワインの液体が凍結し始め、瓶が破裂する可能性が出てきます。また、ワインの風味や香りも損なわれる可能性が高いです。

ですから、スパークリングワインを冷凍庫に入れる時間は、15分~1.5時間ということになります。

冷凍庫以外で、スパークリングワインを早く冷やす方法

スパークリングワインは、冷蔵庫を使って冷やすのが、最も確実で簡単です。冷凍庫のように、瓶が破裂する危険もありません。ただし冷蔵庫で冷却するには、約3~4時間必要です。もっと早く冷やしたいということもあるかと思います。

冷凍庫以外で、スパークリングワインを素早く冷やす方法としては、氷水に浸けることが効果的です。バケツに水と氷を入れ、ワインのボトルを立てて入れます。約15~20分待てば、適温となります。この方法は、冷凍庫のスペースがない場合や、大量のワインを一度に冷やす必要がある場合に有効です。

さらに時間を短縮するならば、水に塩を加える方法があります。例えば、水1リットルに対して、製氷皿1シート分の氷を入れたとすると、水温は約5℃となります。ここにしを大さじ1杯入れると、約2.5℃まで下がります。大さじ2杯入れると、約1.8℃まで下がります。これにより、スパークリングワインを冷却する時間として、塩を入れない場合は20分かかっていたものが、10分まで短縮することができます。

また、ワインのボトルに濡れタオルを巻き、扇風機の風を当て、気化熱を利用して温度を下げる方法も効果的です。この方法は、野外でワインを冷やしたい場合に役に立ちます。

スパークリングワインを冷凍庫で保存する際の注意点

凍って破裂した瓶

スパークリングワインを冷凍庫で保存すると凍る?

スパークリングワインを冷凍庫で保存すると、凍る可能性が高いです。

アルコールの凍結温度は、約-114℃です。家庭用冷凍庫の設定温度は、約-18℃です。これだけならば凍りませんが、ワインはアルコールだけで出来ているわけではありません。

一般的にスパークリングワインのアルコール度数は約12%~15%で、その他の大部分は水です。結果として、スパークリングワインは約-4℃~-9℃で凍結するとされています。これは、家庭用冷凍庫の設定温度である-18℃で、十分凍結する可能性がある温度です。

スパークリングワインが凍結すると、ワインの風味が大きく損なわれ、スパークリングワインの特徴である泡立ちもしなくなります。

スパークリングワインを冷凍庫で保存するならば、凍結しないように、短時間に留めることが重要となります。

スパークリングワインを冷凍庫で保存すると割れる?

また、スパークリングワインを冷凍庫で保存すると、ボトルが破裂する可能性があります。

これは、ワインが凍結した結果、体積が増加し、ガラス瓶の内部から圧力が生じるためです。この圧力がボトルが耐えられる限界を超えると、ボトルが破裂します。

また、ガラスボトル自体も、低温になることによって収縮します。ボトル内部のワインが膨張する力と、ボトル自体が収縮する力が合わさり、しきい値を超えると破裂することになります。

ボトルが破裂すると、ガラス片が飛び散り、大変危険です。

ボトルの破裂を防ぐには、冷凍庫に保存する時間を短くする必要があります。具体的には1.5時間以内、長くても2時間以内に冷凍庫から出さないと、破裂する可能性が高まってきます。

余ったスパークリングワインの保存方法

せっかく冷やしたスパークリングワインですが、1瓶を飲みきれないということもあるかと思います。

この場合は、冷蔵庫で保管することが一般的です。開封後のスパークリングワインは、冷蔵庫で保存することで、約2~3日は品質を保つことができるとされています。

冷蔵庫で保存したとしても、やはり炭酸ガスは抜けていってしまいます。これをより長く維持するためには、ワインストッパーを使用するとよいでしょう。ワインストッパーは、炭酸ガスが逃げにくくなる設計をしており、使い方も簡単です。1,000円程度で購入できますので、スパークリングワインを楽しむ方には、必須のアイテムと言えます。

スパークリングワインを冷凍庫で冷やす際の、注意点とコツのまとめ

記事の内容をまとめます。

  • スパークリングワインは冷凍庫を使って冷やすことはできるが、長期的には適していない
  • スパークリングワインの理想的な提供温度は6℃~10℃で、冷凍庫の温度は通常-18℃前後である
  • スパークリングワインを冷凍庫での冷却するのは、短期間に留めるべきである
  • 冷凍庫で冷やす場合、スパークリングワインは約15~20分で冷える
  • 冷凍庫に入れる最大時間は1.5時間で、それを超えるとワインの液体が凍結し、瓶が破裂する可能性がある
  • 冷蔵庫で冷やすのが最も確実で簡単で、瓶が破裂する危険もない
  • 冷蔵庫で冷却するには約3~4時間必要である
  • スパークリングワインを冷凍庫で長時間保存すると、凍る可能性が高い
  • スパークリングワインを冷凍庫で長時間保存すると、ボトルが破裂する可能性がある
  • 開封後のスパークリングワインは、冷蔵庫で約2~3日は品質を保つことができる
  • 開封後のスパークリングワインを保存する際には、ワインストッパーを使用すると良い

おすすめ記事

高評価なのにひどい?お台場のレゴランドって実際どうなの? 1

レゴランドと言えば名古屋が有名ですが、東京のお台場にもレゴランドはあります。特にレゴブロックが大好きな子どもたちにとっては、間違いなく楽しめる施設となっています。一方、極一部で「ひどい」という意見もあ ...

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何? 2

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点 ...

VPNって何がバレるの?匿名性は? 3

「VPN」は接続元の「IPアドレス」を隠すことができますが、VPNを使用していることはバレてしまいます。またインターネット上の匿名性はIPアドレスによるものだけではありません。さらに「VPNサービスプ ...

韓国でおすすめのタクシーアプリ3選と、関連アプリ8選 4

韓国旅行を楽しみたいのであればタクシーを利用することがおすすめです。しかし言葉の問題や、ぼったくりの被害など、少しハードルが高い面もあるかと思います。そんな時に便利なのがタクシー配車アプリです。この記 ...

誕生石29種の、値段や希少石が高い順ランキング 5

誕生石というと、一つの月に一つの宝石をイメージされるかもしれませんが、実際には29種の誕生石があり、一つの月に複数の宝石が割り当てられています。また、国によっても微妙に異なります。この記事では、そもそ ...

-ワイン
-, ,