なぜ新婚旅行に行くのか:新婚旅行の歴史

広告 旅行

なぜ新婚旅行に行くのか:新婚旅行の歴史

2023年9月30日

新婚旅行と言えば、人生の中でも特別な旅行となります。生涯のハイライトとなることも多いでしょう。しかし冷静に考えると、なぜ旅行に行くのでしょうか。少なくとも、伝統的な日本文化ではなさそうです。この記事では、新婚旅行の歴史と、その意味がどのように変わってきたのかについて、詳しく解説しています。

ポイント

  • ハネムーンの意味と、イギリス貴族のブライダルツアー
  • 日本の新婚旅行の歴史
  • 新婚旅行と恋愛結婚
  • 熱海と宮崎が新婚旅行先として人気だった理由

新婚旅行とは?なぜ旅行に行くの?

結婚したら当たり前のように新婚旅行に行くことを考えますが、そもそもなぜ旅行に行くのでしょうか。その文化はどこから来たのでしょうか。ここでは、ヨーロッパのハネムーンの歴史と、それがどのように日本に根付いたかについて解説します。

19世紀貴族のカップル

ハネムーンとは?

「ハネムーン(Honeymoon)」とは、直訳すると「蜜(honey)」の「月(moon)」で、そのまま日本語で「蜜月みつげつ」と訳されています。結婚直後の、親密でラブラブな期間のことを意味します。

つまり本来、「ハネムーン」は特定の期間を意味しているだけで、旅行という意味は含まれていません。

言うならば「ハネムーンツアー」=「新婚旅行」となるのですが、英語においても「ハネムーン」だけで休暇を意味しています。もちろん「旅行」をしてもいいのですが、「旅行を含む休暇全般」という意味合いの方が近いようです。「ハネムーン」=「新婚休暇」といったところでしょうか。

ハネムーンの起源

歴史上、「Honeymoon」という言葉が最初に登場するのは、1546年に出版された英語の辞書のようです。

しかしこの時の定義は、「結婚直後の甘い期間」や「新婚休暇」ではなく、「ハネムーンを過ぎれば、どんどん冷めていく」「それはハネムーンなだけだ、現実を見ろ」という、皮肉めいたニュアンスで使われていたようです。

それが時間とともに、「新婚カップルの特別休暇」を意味するようになりました。

イギリス貴族のブライダルツアー

19世紀のイギリスの上流階級では、結婚をしたら、親族や友人にパートナーを紹介するため、挨拶回りをするという風習がありました。これを「ブライダルツアー(Bridal tour)」と言います。

ブライダルツアーの移動は、馬車が基本でした。

鉄道の普及とブライダルツアーの一般化

1825年に、イギリスで世界初の旅客鉄道が開通すると、ヨーロッパ全土に急速に拡大していきました。

鉄道の普及により、ブライダルツアーはより遠くまで行けるようになりました。さらに、友人を訪問するだけでなく、休暇としてリゾート地に滞在するという習慣も生まれてきました。

このブライダルツアーの習慣が、貴族や、裕福な家だけでなく、一般家庭にまで広がっていきました。これが現在の「ハネムーン」へと繋がります。

ですから本来「新婚旅行」は「ブライダルツアー」と言うべきなのですが、どういうわけか「ハネムーン」という言葉が取って代わりました。

日本の新婚旅行の歴史

ヨーロッパのブライダルツアーは、日本にも紹介されます。しかしそれだけでは不十分で、恋愛観の変革が必要でした。その歴史をみてみましょう。

日本初の新婚旅行は坂本龍馬?

日本に初めて「ハネムーン」という言葉が登場したのは、1878年の『欧州奇事おうしゅうきじ 花柳春話かりゅうしゅんわ』(ロウド・リットン著、織田純一郎訳)です。この時は「ホネームウン」と表記されていました。

1883年に、土陽新聞(現、高知新聞)で連載していた小説『汗血千里駒かんけつせんりのこま』(坂崎紫瀾さかざきしらん著)に、1866年の寺田屋遭難てらだやそうなんの後、坂本龍馬さかもとりょうま楢崎龍ならさきりょうと共に、薩摩へ療養しに行ったたことを、「ホネー、ムーン」として紹介しています。このことから、日本人初のハネムーンは、坂本龍馬だという俗説が広まりました。

しかし実際には、1856年に薩摩藩の政治家・小松清廉こまつきよかどが、小松近こまつちかと霧島に旅行したのが、最初ではないかという説もあります。

「Honeymoon」を「新婚旅行」と訳したのは、仏教哲学者の井上円了いのうええんりょうで、1889年に東京日日新聞(現、毎日新聞)で、欧米文化として紹介されました。

その後、様々な文芸作品の中に新婚旅行が登場するようになり、世間にも広まっていきました。

年表にまとめると、以下のようになります。

西暦和暦出来事
1856年安政3年小松清廉と小松近が、霧島に旅行
1866年慶応2年坂本龍馬と楢崎龍が、薩摩で療養
1878年明治11年『欧州奇事 花柳春話』に「ホネームウン」という言葉が登場
1883年明治16年『汗血千里駒』で、坂本龍馬と楢崎龍の旅を、「ホネー、ムーン」として紹介
1889年明治22年東京日日新聞で、「Honeymoon」が「新婚旅行」と訳される

鉄道の発展と上流階級の新婚旅行

1825年にイギリスで鉄道が開通しました。遅れること約50年、1872年に、東京と横浜を結ぶ、日本初の鉄道が開通します。

その後、全国に広がっていき、1889年には東京と大阪が結ばれました。当時は、20時間ほどかかったようです。現在は2時間半ですので、8倍くらい速くなったということになります。

鉄道の普及に伴い、新婚旅行の文化も広がっていきましたが、まだ上流階級にとどまっていました。

当時は、結婚とは「家同士」で行うという考えが主流でした。そのため、夫婦二人で旅行するという考えは受け入れられなかったようです。

西暦和暦出来事
1924年大正13年皇太子裕仁親王(昭和天皇)と良子女王(香淳皇后)が、福島県の高松宮翁島別邸(天鏡閣)で過ごす
1930年昭和5年高松宮宣仁親王と宣仁親王妃喜久子が、ヨーロッパを14ヶ月に渡り旅する

高度経済成長と恋愛結婚

家同士の結婚から、個人の「恋愛結婚」へと変わったきっかけは、皇太子明仁親王(平成天皇)と正田美智子(上皇后美智子)と言われています。1957年に運命的な「テニスコートの出会い」を経て、1959年に結婚しました。それが大々的に報じられたため、若者の結婚観にも変化をもたらしたようです。

さらに翌1960年には、清宮貴子内親王と島津久永が結婚をします。

女性目線で、「平民である美智子様は、皇族と恋愛結婚をした」「皇族である貴子様は、平民とお見合い結婚をした」として、大変話題となりました。

お見合い結婚ではありますが、婚約が発表される前の誕生日会見で「どのような男性が理想ですか」という質問に対し、「私が選んだ人を見てくださって」と答えたことは、大きな衝撃として広まり、当時の流行語となって、結婚ブームに火をつけました。

「男女平等」「自由」「恋愛」がトレンドとなり、この頃に、お見合い結婚より恋愛結婚の割合が上回りました。

その結婚ブームに高度経済成長が合わさり、ホテルや旅行会社は、次々に結婚プランを打ち出していきます。

当時、新婚旅行の行き先として人気だったのは

  • 箱根
  • 伊豆
  • 熱海
  • 白浜
  • 宮崎

です。

特に宮崎は島津貴子・久永夫妻が新婚旅行で訪れたため、新婚旅行の聖地として、絶大な人気を誇りました。南国リゾートのイメージも合わさり、ピーク時には、新婚旅行先の3分の1が宮崎だったそうです。

ジャンボジェットと芸能人とハワイ

1964年に海外旅行が自由化されますが、まだまだ庶民には手が出ないものでした。

そんな庶民の憧れの的だったのが「ジャンボジェット」と「芸能人」と「ハワイ」です。

「ジャンボジェット」とは、ボーイング747の愛称のことで、1970年代の海外旅行ブームのシンボルとなっていました。

ジャンボジェットに乗って、芸能人がハワイに行く。そんな憧れのイメージから、新婚旅行の定番の行き先としてハワイが加わります。

価値観の多様化

平成以降は、旅行先が多様化すると共に、結婚観も多様化していきます。豪華な旅行を選ぶ方もいれば、結婚式すらしないという方もいます。

また、イギリスのブライダルツアーの頃から、新婚旅行は休暇という意味合いが強かったのが、観光目的に変わってきたのもこの頃のようです。

なぜ新婚旅行は、熱海や宮崎に行くのが定番だったのか

かつて国内の新婚旅行は、熱海か宮崎が定番でした。なぜ熱海や宮崎が人気だったのか、そしてなぜ廃れたのかについて、解説いたします。

宮崎のフェニックス

新婚旅行で熱海が人気だった理由

1950年~1960年代(昭和30年代)にかけて、新婚旅行と言えば熱海が定番でした。

しかし、なぜ熱海が人気だったのかは、今となってはよく分からないようです。おそらく、東京から丁度よい距離にあったため、というのが一番考えられる理由です。

湘南列車から湘南電車へ

1872年に開業した東海道本線は、1925年には熱海まで開通していました。1928年には、蒸気機関車に代わり、電気機関車が走るようになります。「電気機関車」と「電車」の違いは、先頭車両だけに動力があるか、各車両に動力があるかです。この当時は「湘南列車」と呼ばれていました。

1950年に、「電気機関車」から「電車」に代わり、名称も「湘南電車」となりました。

湘南電車は、日本初の長距離電車であり、オレンジ色の特徴的なデザインもあって、大人気となりました。

この1950年代の湘南電車の人気が、新婚旅行の熱海人気にもつながったようです。

湘南電車
栗原 岳 (Gaku Kurihara) - 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

新幹線がまだ通ってなかった

しかし、1964年の東京オリンピックに合わせ、東海道新幹線が開業します。

当然、鉄道の人気は新幹線に奪われることになります。合わせて、より遠くに行くことができるようになったことで、徐々に熱海の人気は下がっていきました。

また、後述の宮崎人気に押されたというのもあります。

新婚旅行で宮崎が人気だった理由

今では考えられないかもしれませんが、1960年代の宮崎は、南国リゾートであり、新婚旅行のメッカでした。

1974年に、新婚旅行で宮崎を訪れたカップルは37万組で、全国のカップルの35%に相当すると言われています。

海外旅行はできなかった

海外旅行が自由にできるようになったのは、1964年以降です。それまでは、外貨の持ち出しを制限するために、一般人が渡航することは禁止されていました。

当然、旅行先は国内に限られることになります。

また自由化以降も、海外旅行はとてつもない高額になったため、一部の富裕層に限られていました。

恋愛結婚の聖地

先に書いたように、1960年の島津貴子・久永夫妻の結婚は、新しい時代の女性・恋愛観の象徴として、結婚ブームのきっかけとなりました。

その夫妻が、新婚旅行で宮崎を訪れたため、宮崎が大注目されます。

ここへきて、宮崎へ新婚旅行するということは、私達も「恋愛結婚」したんだ、という特別な意味を持つことになります。宮崎は「恋愛結婚」の象徴となったのです。

キャンペーン「アロハで飛ぼう!」

その若者たちの気持ちを見逃さなかったのが、観光業界です。

日本人の「ハワイに行きたくても行けない」気持ちと、「恋愛聖地としての宮崎」を利用し、南国リゾートとしての宮崎キャンペーンを仕掛けます。

キャッチフレーズは「アロハで飛ぼう!」です。実際にアロハシャツを着て、飛行機に乗り、宮崎や鹿児島を回るというツアーです。今となっては嘘のような話ですが、当時はこれがヒットしたのです。

この他にも「サマーファイヤー」や「水着バス」など、様々な若者向け「南国イベント」が企画されました。

映画『100万人の娘たち』

100万人の娘たち』は、1963年に公開された恋愛ドラマです。

宮崎交通の全面的なバックアップの元に製作され、主人公は宮崎交通のバスガイドです。

観光名所がこれでもかと登場し、あからさまな宣伝映画なのですが、新婚旅行ブームを盛り上げる材料となりました。

NHK連続テレビ小説『たまゆら』

1964年~1965年にかけて、NHK連続テレビ小説として『たまゆら』が放送されます。

川端康成の書き下ろしで、宮崎が舞台です。ロケ地の日南海岸や橘橋には、連日多くの人が詰めかけました。

川端康成がなぜ宮崎を選んだのかというのは、取材で訪れた宮崎を気に入ったから、ということなのですが、宮崎が人気になる前の話なのか、後のことなのかは、はっきりしません。

おそらく後者ではないかと思われます。人気を仕掛けたというより、人気に乗っかったということですね。

歌謡曲『フェニックス・ハネムーン』

『フェニックス・ハネムーン』は、1967年に製作された歌謡曲です。永六輔作詞、いずみたく作曲、デューク・エイセスが歌っています。

「フェニックス」とは、「カナリーヤシ」というヤシ科の樹木のことです。日南海岸には、南国気分を盛り上げるために、フェニックスが多数植樹されていました。

ハワイアンテイストのあるゆったりとした曲で、宮崎の新婚旅行キャンペーン映像では、定番のBGMとして使われました。

マルシェ青空
¥1,200 (2024/04/17 14:27時点 | Amazon調べ)

宮崎ブームの終焉

1970年代に入ると、新婚旅行としての宮崎ブームは終息していきます。

その理由は、1972年に沖縄が返還されたことと、本当にハワイに行くようになったことが大きいようです。

つまり、日本人の新婚旅行先は、次のように広がっていったということになります。

  • 1950年~:熱海
  • 1960年~:宮崎
  • 1970年~:沖縄
  • 1980年~:ハワイ
  • 1990年~:その他海外

ちなみに、2023年現在は、不況や円安、コロナ禍などの影響で、国内旅行への回帰が見られます。

新婚旅行で国内はありえない?いいえ、むしろ多数派です!

旅行

新婚旅行で国内はありえない?いいえ、むしろ多数派です!

一生に一度の新婚旅行ならば海外に行きたいと考える方は多くいます。しかし最近は、コロナや世界情勢、不況の影響で、国内を選ぶ人が増えています。この記事では、国内は恥ずかしい、国内で後悔したという意見や、海 ...

まとめ 新婚旅行になぜ行くのか

記事の内容をまとめます。

  • 「ハネムーン」は、旅行ではなく、結婚直後の親密な期間を意味する言葉
  • 19世紀のイギリスの上流階級では、結婚後に親族や友人を訪問する習慣があり、「ブライダルツアー」と呼ばれた
  • 鉄道の普及とともに、ブライダルツアーが大衆にも広まり、現在のハネムーンとなった
  • 日本には明治時代に「ハネムーン」文化が紹介された
  • 遡って、坂本龍馬とお龍の旅行をハネムーンと呼んだだめ、日本初の新婚旅行は坂本龍馬と言われることがある
  • 日本でも鉄道の普及と共に新婚旅行が広がるが、上流階級に限られた
  • 1959年の皇太子明仁親王と正田美智子の結婚、1960年の清宮貴子内親王と島津久永の結婚が、「恋愛結婚」のイメージを広め、結婚ブームを引き起こす
  • 新婚旅行に行くことは、恋愛結婚の証明となった
  • 1950年代は、新婚旅行の行き先として熱海が人気だった
  • 熱海が人気だった理由は、湘南電車の影響が大きい
  • 1960年代は、新婚旅行の行き先として宮崎が人気だった
  • 宮崎が人気だった理由は、島津貴子・久永夫妻が新婚旅行で訪れたことと、それに合わせてメディアミックス戦略がとられたため
  • 1970年代以降は、沖縄・北海道を経て、海外へと広がっていく

おすすめ記事

高評価なのにひどい?お台場のレゴランドって実際どうなの? 1

レゴランドと言えば名古屋が有名ですが、東京のお台場にもレゴランドはあります。特にレゴブロックが大好きな子どもたちにとっては、間違いなく楽しめる施設となっています。一方、極一部で「ひどい」という意見もあ ...

ルミナス神戸2とコンチェルトの違いは何? 2

神戸といえばおしゃれな街として知られていますが、そんな神戸をより楽しめるのがクルーズ船です。この記事では、レストラン船「ルミナス神戸2」と「コンチェルト」について、その概要から、歴史、予約方法、注意点 ...

VPNって何がバレるの?匿名性は? 3

「VPN」は接続元の「IPアドレス」を隠すことができますが、VPNを使用していることはバレてしまいます。またインターネット上の匿名性はIPアドレスによるものだけではありません。さらに「VPNサービスプ ...

韓国でおすすめのタクシーアプリ3選と、関連アプリ8選 4

韓国旅行を楽しみたいのであればタクシーを利用することがおすすめです。しかし言葉の問題や、ぼったくりの被害など、少しハードルが高い面もあるかと思います。そんな時に便利なのがタクシー配車アプリです。この記 ...

誕生石29種の、値段や希少石が高い順ランキング 5

誕生石というと、一つの月に一つの宝石をイメージされるかもしれませんが、実際には29種の誕生石があり、一つの月に複数の宝石が割り当てられています。また、国によっても微妙に異なります。この記事では、そもそ ...

-旅行
-, , , ,